So-net無料ブログ作成

Windows10でChinese Writer 9をインストールして使用 [デジタル関係]

Windows10の標準機能で中国語を入力することができます。
しかし、使い勝手(入力や変換の仕方)に慣れません。

それで、Chinese Writer 9をインストールして使っています。
しかし、そのままではインストールできず、少々小細工が必要です。

以下に手順を説明します。

※自己責任でお願いします。

まず、普通にインストールしたとします。
WS000.JPG
WS001.JPG
すると、上記画面のように「ChineseWriter9をインストールする前に・・・」とメッセージが出てインストールが止まります。

まず、設定画面から中国語入力を追加します。
[スタート]ボタンをクリックし、左端の歯車アイコンをクリックして[設定]画面を出し、[時刻と言語]を選びます。画面左の[地域と言語]を選択します。
WS003.JPG
言語を追加するをクリックします。

WS004.JPG
WS005.JPG
[中文(繁體)]を選択し、[中文(台灣)]を選択します。

WS006.JPG
すると、上の画面のようになるはずです。
続いて、簡体字も同じく追加します。[中文(簡体)]を選び[中文(中華人民共和国)]を選びます。
WS007.JPG

ここで、ワンポイント!
追加は一瞬で終わったように見えますが、バックグラウンドでダウンロードしているみたいです。
タスクマネージャを見ると、Wi-Fiでデータ受信しているのがわかります。これが終わるまで待ちます。
このまま次の作業に進むと、また最初の画面(ChineseWriter9をインストールする前に・・・)が出てきてインストールできません。

しばらくまって、IMEの設定が完了したなら、ChineseWriter9をインストールします。
今度は成功します。その後、再起動をしてください。

WS009.JPG
そして、再起動を完了させると・・・
確かに、ChineseWriter9のIMEは入っていますが、最初に追加したIMEも残っています。
これを消します。

再度、[設定]から追加画面と同じものを出します。
WS010.JPG
今度は、簡体字と繁体字両方とも[削除]します。

WS011.JPG
上記のように、日本語だけにします。
※他のIMEを設定している場合は、それは消さずに残してくださいね。

それから、スタートメニュー内の[ChineseWriter9]内にある「中国語IME設定]を実行します。
いったんサインアウトさせられます。

その後、サインインすると・・・
WS013.JPG
ChineseWriter9だけのIMEが残っています。

P.S.
なお、Windows10を更新するたびに、この作業が必要となりました。
Windows10 Anniversaryにしたときも、先日Creatorにしたときもそうでした。
ChineseWriter9を入れたまま更新すると、うまく動かなくなることがあります。
せっかく入れていたChineseWriter9のIMEが消えてしまっています。
この場合は、上記[中国語IME設定]を実行するだけで直ることもあるかもしれませんが、わたしの環境ではだめでした。
ChineseWriter9をアンインストールし、上記手順に沿って再インストールしました。

最後に繰り返しになりますが、「自己責任」でお願いします。
また、環境(パソコン)によっては、上記でもインストールできないかもしれません。
その際は、最新(現時点でChineseWriter11)を買いましょう。



高電社 ChineseWriter11 スタンダード

高電社 ChineseWriter11 スタンダード

  • 出版社/メーカー: 高電社
  • メディア: DVD



タグ:Chinese Writer

共通テーマ:日記・雑感